黄色い新幹線が走ってたぞ!あれ何?/幸せのドクターイエローってなんだ?

https://cancancan.online/wp-content/uploads/2019/10/kyara1.png
ヒロガット

突然、黄色い新幹線が走っていたらびっくりしますよね。
今回は黄色い新幹線についてです。

「ドクターイエロー」の概要/黄色い新幹線の正体は新幹線のお医者さん!

結論から言うとあなたが見た黄色い新幹線は通称「ドクターイエロー」と言って、簡単に言うと線路や新幹線に電気を流す架線などの点検をするお医者さんなんです。
陰で新幹線の安全を守っている感じですね!

https://cancancan.online/wp-content/uploads/2019/10/kyara1.png
ヒロガット

陰で守ってるって言うけど、だいぶ目立ってますよね。
「おれが守ってるぜ―ッ!」みたいな(笑)

正式には「新幹線電気軌道総合試験車」といいます。
ちなみに座席は50人分ほどあるそうですが、一般の人は乗れません。
新幹線の運転や点検をする社員が乗ります。

「ドクターイエロー」の車両はJR東海とJR西日本が持っていて2車両あります。
ですから、この二つの鉄道会社の区間である東京・博多間の東海道新幹線と山陽新幹線の区間を走っています。
しかし、毎日は走ってなくて、2パターンありだいたい「月に3回」と「2か月に1回」程度で往復して検査を行っています。

パターンの違いは、廻る頻度に加えて停車駅が違ってます。
まず「月に3回」のパターンでは途中駅をほとんど止まらず、通過していきますが、もうひとつの「2か月に1回」のパターンでは、途中の停車駅をすべて止まりながら走行することになっています。

ただ、残念なことに、各パターンとも時刻表やホームページ上にも走行日時はなく、詳細は公表されておらず、いつ走行しているのかは分からないのです。
ですのでこの「ドクターイエロー」は幻の車両と言われていて、もしその姿を見ることが出来たら、幸運であり「なにか良いことが起きるかも」と都市伝説となっています。

「ドクターイエロー」を高確率で見ることが出来る方法です⇩

「ドクターイエロー」ってどうして黄色いの?

どうして黄色いのか?
その答えは2つあります。
1つは、以前から鉄道会社では車両の点検は夜間が多く、それで夜間に目立つ色として作業をする車両の色は黄色に塗られていたということです。
それで、「ドクターイエロー」もそれに倣(なら)って黄色になったということなんです。

https://cancancan.online/wp-content/uploads/2019/10/kyara1.png
ヒロガット

やっぱり「陰で守ってる」というより昼間に目立ちたかったってわけなんだね(笑)

それともう1つは、駅のホームでお客さんが新幹線に乗るときに「ドクターイエロー」が同じ色の車両だったら間違えやすいので、あきらかに違う黄色を選んだということなんです。

それにしても、「ドクターイエロー」の黄色はほんとに良い色ですね。
車体にすごくマッチしてますよね。
将来、新幹線もこんな色になったらいいのにですね。

ドクターイエローっていつから走っているの?何代目?

「ドクターイエロー」はちょうど一回目の東京オリンピックが開催された1964年に出来た東海道新幹線と同時に作られました。
もう60年近くも走っていることになります。

もちろん初代の車両は今のものとは違っていて、現在の「ドクターイエロー」で3代目になります。

1代目の車両は、開業から10年後の1974年まで使用されてました。
しかし、その頃はまだ電気系統のみで線路の検査は行われていませんでした。
線路の検査は別の専門の車両が行っていました。

2代目は1974年に東海道新幹線から伸びた山陽新幹線の博多駅の開業と同時に代が変わり、そこで現在と同じように電気設備と線路の検査が出来るようになりました。
その2代目は27年もの長い間、使用されました。

https://cancancan.online/wp-content/uploads/2019/10/kyara1.png
ヒロガット

2代目は27年間とずいぶん長かったんですねー。

そして3代目になったのは2001年です。
3代目はそれまで丸い鼻だった車両が、いきなり700系と言われる鼻がひしゃげた流線形の車両をベースとしたものに変わり、さらに2005年からはもう1車両がJR西日本から加わり、その時には黄色の色もさらに鮮やかになり、より人気も出て現在に至っているのです。

まとめ

「黄色い新幹線」は「ドクターイエロー」という新幹線のお医者さんだったんですね。
この車両は2台しかありませんから、しかも頻繁には走ってませんから、もしあなたが見ていたとしたら、たいへんな幸運ということです。
今後、きっといい事があるのではないでしょうか?
もし、まだ見てないのであれば、東海道新幹線か山陽新幹線をジーツと見ていましょう!

https://cancancan.online/wp-content/uploads/2019/10/kyara1.png
ヒロガット

最後までお読み頂きありがとうございました。