麻丘めぐみが1991年以来の歌手復帰/コンサートや歌番組への出演はあるのか?

往年の麻丘めぐみファンとって、29年ぶりの朗報!


「わたしの♪わたしの♪彼は~ひだりきっき~♪」

「私の彼は左利き」で一世を風靡した麻丘めぐみが帰ってくる。
これまで歌手としては休業状態だったが、女優やバラエティ番組にちらほら出ていましたが、本格的に歌手として復帰するのは久しぶりですね。

実際には3歳で芸能界でしたが、歌手デビューは1972年(昭和47年)「芽生え」でした。
そして1977年(昭和52年)の結婚するまでの6年間はトップアイドルとして大活躍でしたね。

最初のデビューの印象は、その頃はアイドル全盛で当時の人気絶頂のアイドル南沙織がいて、麻丘めぐみは髪型も南沙織と同じ長い髪で出てきたので、それを意識したアイドルが出てきたなといった印象でしたね。

しかし顔も可愛いらしく、南沙織は沖縄出身ということでか顔は浅黒い野性的な印象だったので、それに比べて清楚でおっとりとしたイメージがありました。
それでもデビュー曲の「芽生え」はそこそこの売り上げを上げていました。

そしてその後、数枚のシングルを出して、そこそこの売り上げを記録、そして5枚目のシングルが大爆発を起こしました。
それが、先の「私の彼は左利き」。

それまでにない「左利き」という若干マイナスなイメージ言葉(当時は)を使ったそれまでとは視点が違う意表をついたタイトルであり、曲もテンポがよく軽やかで、本人のイメージと歌唱とそれに振り付けがマッチして大ヒットなり、麻丘めぐみの代表曲となりました。

歌手復帰のきっかけは?新曲にもある秘密が・・・!

今回のこの歌手復帰の直接のきっかけは、3歳から芸能界入りして、今年で60周年を迎えたことだいう事に端を発しました。

本人の希望によりファンに喜んでもらえる企画にしたいということで、検討された結果、ベスト盤を出そうということになりました。

全シングルとそれまでのアルバムの中から厳選された39曲とプラス新曲を入れようということから今回の歌手復帰ということになったということです。

そしてその新曲にもある秘密が隠されていました。

その秘密というのは、その新曲のタイトルは「フォーエバー・スマイル」というのですが、麻丘めぐみの代表曲である「私の彼は左きき」のアンサーソングだそうなんです。

作詞は作詞家の松井五郎さんで、松井五郎さんはニューミュージックやロック系のアーティストなどに作詞を提供して数々のヒット曲を生み出している凄腕の作詞家です。
これまで作詞した曲は3200曲にものぼります。

その松井氏が麻丘めぐみの「私の彼は左きき」のアンサーソングである新曲「フォエバースマイル」手がけた曲ということで、楽しみな1曲となりそうですね。

尚、この曲はすでにレコーディングを終わっていて、麻丘めぐみ本人もノリノリで歌っているとのことで、このメーキング映像がYouTubeでも見られるという事です。
ちなみにそのYouTubeの映像がこちら
いい曲ですね。
やはり時間の経過は否めないですが、昔と変わらない明るさはそのままですね(笑)

今後の活動は?コンサートや歌番組への出演は?

嬉しいことにコンサートや歌番組への出演は、その計画もされているということですので、来年には麻丘めぐみの生の 「わたしの♪わたしの♪彼は~ひだりきっき~♪」が 振り付け付きで見ることが出来そうですね。

麻丘めぐみは現在は現役の時に結婚、引退して出産、離婚をしてます。
その後は演劇集団を主宰するなど活発な活動していました。

元々、デビュー時に歌うことがなかなか楽しいと感じることが出来なかったまま、ファンや周囲の応援にも関わらず引退をしてしまっていたので、その後、それに答えられてなかった自分を悔いていたということもあり、今回の復帰には大いに期待出来るかなと思います。

もし、生の麻丘めぐみを見てみたいというのであれば、2020年2月から「川中美幸特別公演」に出演の予定です。詳しくはこちら
歌唱は多分見られないと思います。

https://cancancan.online/wp-content/uploads/2019/10/kyara1.png
ヒロガット

最後までお読みいただきありがとうございました。